サイトマップ 地図を確認(新宿駅直結)

白斑 お問い合わせ・相談

白斑診療等、一般皮膚科の 診療は直接お越しください




白斑治療なら新宿皮フ科TOP白斑でお悩みの方

白斑でお悩みの方

白斑(尋常性白斑)は、皮膚に色素の一部が脱色された部分が見られる(後天性、生まれつきでない)難治性皮膚病です。白斑部には、メラノサイトはありません。

医学的には、白斑を「尋常性白斑」と呼びます。俗に「白なまず」と言われます。身体の両側に対称性に白斑が認められることが多く、白斑全体の約70%を占める「汎発型」と、ある神経の通り道に沿って白斑が認められ、白斑全体の約30%を占める「分節型」の、2種類に分類されます。

発症のきっかけは、日焼けや、外傷(ケガ)などによる皮膚への刺激やストレスが誘因(引き金)になり、それが原因で、メラニン色素を作る細胞を攻撃する自己免疫疾患や、最近では酸化的ストレス、遺伝的要因もあるとも言われていますが、確実な原因はありません。

白斑(尋常性白斑)には医学的根拠(エビデンス)に基づく皮膚科光線療法が有効で、当クリニックでは、難治性白斑に、現在一番有効で安全とされているエキシマライトを使ったターゲット光療法(メル療法)を行っています。 この療法は特に難治性の手足の白斑にも他の療法に比べて有効性が高いことを報告いたしました。他の皮膚科光線療法で治らない白斑に、また他の療法で少し治ってもそれ以上有効性が得られない白斑や発症してから経過の長い白斑にも良好な結果を得て、学会報告、論文で出しました。

さらに、最少紅斑量に基づいたメル、ナローバンドあるいは両者を組み合わせることにより治療マニフェスト(3ヶ月で白斑の患者さんに80%色素再生を起し出す)、そのとおりに良い結果を得ています。

光線療法がなぜ有効なのか?

下記の図のようにメル(308)を照射すると表皮角化細胞からサイトカインを出し、それが毛包の隆起部(バジル)に到して、日頃働いていないメラノブラストを活性化させメラノブラストがメラノサイトに分化・増殖し表皮の基底層まで遊走する。
つまり色素再生が起こるメカニズムなのです。

電動マシーンによるミニグラフト(mMG)について

当クリニックでは、白斑の治療法として非外科的療法(光線治療)と外科的治療法(ミニグラフト移植)を行っています。ここでは、ミニグラフト(mMG)移植についてお話しします。

頭髪をカットしない新mMGのプロトコール

mMGとは白斑部にマシーンを使って、直径0.6mm~1.3mmの孔をあけます。その後、同じ大きさの正常皮膚(頭又は背中、頭皮は色素再生に一番活性のある部位であり、傷も残しません)から採取した皮膚を、孔をあけた白斑部に埋め込み移植する手術です。光線療法で結果が思わしくない方、早く治したい方、また白斑の面積が大きい方でもマシーンを使っているので250~300個移植出来て、手術時間も約2時間位と短時間で移植出来ます。この方法は日本でも(世界でも)当クリニックだけ行っていて、種々の工夫で有効性を高めています。是非トライして下さい。

ミニグラフト(mMG)による症例

関連リンク

白斑など一般保険診療03-5367-1238 美容皮フ科03-3359-1238 診療日・時間
遠隔診療(オンライン診療)
医療法人ネオポリス診療所特定認定再生医療等委員会